読書会「ワークシフト」第1部 定員:6名(残席1席)

読書会

スノックでは読書会というコミュニティが

「学び続けることを学ぶ場」
「バックグランドの異なる人との出会いの場」
「自分自身に変化をもたらす場」

の場になればと考え、定期的に読書会を開催しています。

今までは大阪府枚方市で読書会を開催しておりましたが、ZOOMを使用したオンライン版も開催することとなりました。

「テーマ本」を毎回設定いたしますので、事前に読んできて頂き、その本について参加者で意見交換していくという形式です。

2月のテーマ本は

「WORK SHIFT ワーク・シフト 」(著者:リンダ・グラットン)


開催日時:2021年2月20日(土)10:00-11:30
参加費:無料

※会話をし易い雰囲気づくりの為、最大6名までの定員とさせていただきます。
※「WORK SHIFT」読書会は2月と3月の2部構成にしております。
どちらか1方に参加して頂いても結構ですし、両方参加頂いても結構です。
2月と3月では内容を段階的に変えております。
3月の案内はこちらをご参考にください。
2回ともご参加希望される場合はその旨を申込時に記載お願いいたします。 

ご参加頂ける場合はお手数ですが下記ページから申し込みお願いいたします。
お申込みページはこちら
※題名を「読書会参加」して頂き、参加希望日を明記してください。
※中止や変更のご連絡をさせて頂きますので必ずメールアドレスを記入してください。

内容紹介

孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2025年、私たちはどんな風に働いているだろうか?
「漠然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。

これからずっと「食えるだけの仕事」でいいですか?

食えるだけの仕事から、意味を感じる仕事へ
忙しいだけの仕事から、価値ある体験としての仕事へ
勝つための仕事から、ともに生きるための仕事へ

本帯より抜粋

<読書会の流れ(全体で90分予定)>
(1)読書会の説明・自己紹介(15分程度)

(2)本を各自で軽く再読しながら、下記の質問に答えて頂く。(10分程度)
<質問1>
著者は本書の中で、働き方の未来を変える要因として
①テクノロジーの進化
②グローバル化の進展
③人口構成の変化と長寿化
④社会の変化
⑤エネルギー・環境問題の深刻化
という5つの要因を挙げています。
皆さんが今いる環境(学校・職場・家庭など)で、どの要因が最も大きな影響を受けそうだと思いますか?またそれはなぜですか?

<質問2>
本書では「働き方の未来」について暗いシナリオと明るいシナリオに分けて説明しています。明るいシナリオを実現するためには、「シフト」が必要であり、第1のシフトとして「その他大勢の人から自分を差別化することがますます重要になる」と述べています。
その為には時間と労力を費やして専門知識と技能を高める必要があるとされていますが、皆さんが今後高めていきたい・高める必要がある専門知識や技能は何ですか?またそれはどうしてでしょうか?

(3)質問に対する共有(35分)

(4)読書会に参加された方々に相談してみたいことや悩んでいることなどがありましたら

   皆さんでその内容について考えてみたいと思います(20分)

(5)本日の感想を共有(5分程度)

※ZoomはPCやスマホで利用できるオンラインミーティングツールです。無料版でご参加いただけますので、事前にインストールとアカウント登録をお願いします。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
Zoomが不慣れな方がいらっしゃいましたら、読書会開始前に接続テストをする時間を設けますので、遠慮なく仰ってください。(申し込み時に接続テスト希望とご記載ください。)

<スノック読書会について>
事前に本を一読してきて頂くことをお願いしております。
読書会を開催する中で、読書会参加の為に事前に本を読み、自分がどう感じたのかを考える時間こそがもっとも貴重だと感じています。
定期的に開催しておりますので、本を読むという習慣を作りにも利用して頂ければ嬉しいです。

参加者の皆さんと会話する中で、他の参加者の方が発した一言が、自分の人生を変えるほどのインパクトを持つこともあるのではないかと思います。

※宗教勧誘や営利目的の方の参加はご遠慮ください。
※ご不明な点あれば、お気軽にお問い合わせください。

NPO法人スノックについて>
大阪府枚方市を本拠地として活動している非営利団体です。「 人生100年時代の働くに伴走する 」ということが社会の持続性につながると考え、情報発信や考える場を提供していきます。

<主催者>
NPO法人スノック 担当:絹川

コメント

タイトルとURLをコピーしました